会心の一撃が急所に当たって効果抜群クリティカル

雑然

サッカーだったりゲームだったり映画だったりーー

レアル・マドリー、2018年夏の移籍市場における各メディア報道答え合わせ【信憑性どうなん?】

 

 

今更
 
どうもこんにちは、エエイチです。もうすっかり肌寒くなって冬の足音が聞こえて参りましたが、未だに夏の話をしようと思います。
 
マドリーの移籍の噂なんかを日々眺めていると、何処のメディアがどれだけ信憑性あるのかとかよく分かんなくなるじゃないですか。(いや、実際何処もほぼ無いに等しいんですけれども。それを言ったら最初からお終いだから一旦置いておこう)。
 
実際、そこそこ長いこと海外サッカーを追っているはずの自分も、実はそこまで信憑性とかがよく分かってなかったりもするんで、一応今年の夏は移籍情報を可能な限りメモしようと思って取っておいたんですね。何か発見があるかなと思って。まぁ要するに暇人なんですね。
で、完全に自分のためだけのネクラな行為だったわけですが、折角なのでまとめて公開しておこうと思いました。さも意義があるように言ってみると、知見の共有みたいなことですよね(カッコイイ)。
 
以下、箇条書きになりますが、基本的に主語はマドリーです。テレビもラジオも雑誌も新聞もあらゆる媒体をごっちゃにしている雑さ。時系列とかも多分バラバラ、メディア別でもなく、報じられている選手別でもない。そして一時ソースと別だったりするかもしれない。記者個人の見解みたいなパターンもままありそう。
つまり、ほぼ自分のメモ帳に残っているものを最低限の体裁を整えてそのまま載せているだけなのである。
 
 
 
2018年夏(7月~8月)

 

・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)狙ってる(rmc sport)

ミリンコビッチは主にイタリアの複数紙が報じていた、というか基本はイタリア紙しか報じていないと思う
※一回MARCAが候補の一人として挙げていたような気がする
 
ピャニッチに6000万ユーロでオファーもユベントスが拒否(トゥットスポルト)
 
・マネ(リバプール)移籍合意していた、ジダンがいなくなったから無いかも(フランス・フットボール)
 
・モラタ(チェルシー)が最後のオプションとして売り込み(El Confidencial)
・リュカ・エルナンデス(アトレティコ)はマドリーから8000万ユーロのオファーあったが拒絶していた(El Confidencial)
 
・マルシャル(マンU)獲得に近づいている、ルガーニ(ユーベ)獲得へ近づいている(OK Diario)
カバーニ(PSG)獲得へ(OK Diario)
・デリフト(アヤックス)獲得へ(OK Diario)
 
ロドリゴ(バレンシア)獲得に近づいている(Onda Cero)
・ウィリアン(チェルシー)からの売り込みがあったが断った(Onda Cero)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)と交渉、個人間は既に合意、バイエルンもオファーを喜んでいる (Onda Cero)
 
・ラビオ(PSG)獲得へ(El Bernabeu)
 
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)との交渉は事実(RAC1)
 
イカルディ(インテル)と交渉している(Libertad Digital)
 
・マドリーはストライカーの獲得目指していない、今のメンバーが主力に(移籍市場終盤のEl Chiringuito)
・ムバッペのPSGへのレンタルは8月27日に終わる(El Chiringuito)
・ラビオ狙ってる(El Chiringuito)
イアゴ・アスパス(ソシエダ)と個人合意か(Jose Alvarez Haya、El Chiringuitoに出演していたらしい記者)
 
チアゴ・アルカンタラと6000万ユーロでバイエルンと合意に近い(Telemadrid)
 
・新しいサインは何も無しと確信(Cadena SER)
・アルケライフィがマドリードにいる、カバーニと交渉じゃね(Cadena SER)
 
・ヴェルナー狙う(LA SEXTA)
 
・ヴェルナー、イカルディロドリゴ狙う(AS)
・ラビオ獲得に動く、(JOAQUIN MAROTO氏(AS))
・バジェホをレンタル移籍&エルモソ復帰へ(AS)
 
ファルカオ狙う(El Deportivo)
 
ファルカオとのサインは考えていない(ONDACERO)
 
・アスパスは3500万ユーロで移動可能(Super Deporte)
 
・マリアーノ復帰(Cadena COPE、MARCA)
 
 
 
以上!!
 
 
お気づきになりましたでしょう。ええ、大して無いんです、スミマセン。多分僕がメモしていたのは全体の三分の一程度ではないでしょうか。
まぁ大体そんな感じだったよーていうことですよね。媒体の信用度みたいなものも多少は見えてくるのかもしれません。あ、そういえばクルトワ忘れてたわ。クルトワはもう噂~とかじゃなくてほぼ全てのメディアが確定の様に報じていたこともありメモってなかったんだと思います。
 
とどのつまり、マドリーに関してはMARCAを追っているだけで大体宜しいという、マドリーファンの共通認識で大体OKだと思います。元も子もない話に戻ってしまいますが。そのMARCAでも結構外したりもある訳なんですけれども。
 
ちなみに、ドン・バロンは一切を除外してしまっていますね。個人的には記事開いてドン・バロンだったらそっ閉じ。ドン・バロンって"他の媒体が報じていないけど、潜在的にマドリーファンが望んでいる選手"の名前を持ってくることに関して天才的だと思ってる。で、ワクテカして開いてそっ閉じ。もはや様式美。ドン・バロンが報じていたら自分は「あ、マドリーはこの選手にいってないんだ」と思うレベル。(ここまであくまで個人の感想)。まぁ他メディアの信用度も同じようなものかもしれませんが、体感的にドン・バロンは2馬身程抜きん出ている。
 
 
 
おまけ
夏の移籍市場が終わってニュースを追うモチベが一端下がっておざなりですが、一応最近のニュースも目についたところはまとめて載せておくよー。
 
9月
・ペドロギレルメ(フルミネンセ)狙う(AS) 2500万ユーロ位
・ホセ・ルイス・ロドリゲス(ウルグアイの若手右SB)(Martin Charquero氏)
・ヴィニシウス、1月にブラジル帰還も?(MARCA)→その後代理人否定
エクトル・エレーラ(ポルト)をロペテギが熱望、ホテルで会談、1月か来夏に獲得へ(A Bola)→その後ポルトガル紙が完全否定
・フェキル(リヨン)獲得へ(L'ÉQUIPE)
 
10月
・ケイン獲得へ冬に2億ポンドを支払う計画(El Confidencial)
アザール(チェルシー)獲得失敗の場合はスターリング(マンC)狙ってる(デイリー・スター)
スターリングの動向を注視(ESPN)
エリクセン(トッテナム)、ネイマール(PSG)の方がアザールよりプライオリティ高い。ロドリゴ(サントス)1月加入も(Cadena COPE)
アザール、来年1月に1億~1億2000万ユーロの間で獲得、来夏なら最高8000万ユーロ(Cadena SER)
ラムジー(アーセナル)獲得に参戦(teamtalk)
・パバール(シュツットガルト)狙う(bild)
・フレンキー・デヨング(アヤックス)に8000万ユーロ提示の意向、(オランダの「テレグラフ」)
・マルコスアロンソ(チェルシー)は昨年夏にマドリー移籍目前だった(eduardoinda onda cero記者)
・レアルはベイルとアザールの交換を冬に考えている(eduardoinda onda cero記者)
・ピアテク(ジェノア)獲得レースに参戦(AS)
・マルセロ、パケタ(フラメンゴ)獲得を進言していた(MARCA)
・クリバリに興味(コリエレ・デッロ・スポルト)
 
 
暫定でそんな感じでしょうか。このメモを続けていこうかが悩みどころですね。あとこのブログ、全然見やすくカスタマイズ出来てなくてスミマセン。ハバナイスデイ!
 
(この項:了)