会心の一撃が急所に当たって効果抜群クリティカル

雑然

サッカーだったりゲームだったり映画だったりーー

【リーガ】アラベスvsレアル・マドリー感想(10月7日)

アラベス 1-0 レアル・マドリー

 

【心境】

ブチギレですね。もうおこなんて生易しいもんじゃない、ブチギレですねこれは。いよいよカタルーニャ各紙にもクライシスという言葉を使うのを許可するという感じですね。4試合連続無得点って、1985年4月以来なんだって。やったー、歴史の証人だね。お悔やみ申し上げます。

 

昨季の前半戦は散々な成績だったんですけれども、チャンスがあるのに決めきれない状態だった昨季に比べて、今はそもそも攻撃の形すらできてない、90分を通して大して決定機すら作れてないという現状なので、本当にもう絶望感しか感じない。

 

ていうか正直アタッカー陣のクオリティが全てなんだと思いますね。これが本当に悲しいことだけど、一時の不振とかじゃなくて、個々の選手能力としての限界なのかなーと個人的には思っています。

今のマドリーで独力で局面を打開できる、相手と正対してゴールに迫れる選手ってベイル(それでも全盛期よりは確実に落ちている)と、ヴィニシウス(未だ見ぬものに対する期待。しかし個人的には正直そこまで突破力があるタイプだとは思っていない)位でしょう。

あんま言いたくないけど、DAZN解説の解説の戸田さん言ってたわ。個人でクオリティを出せる選手がいるかどうかが、ゴール数に表れてしまっているのかもしれないですね的なことを。これはかなりやんわり言ってくれてるけど、要するにそういう選手がいないってことだ。

 

 

【思ったこと】

ロペテギ

ここまで攻撃の形ができてないっていう不満もあるけど、怪我人が多くて、そして正直アタッカー陣のクオリティもそこまでじゃない今のマドリーで得点力不足に陥るのはまぁ納得かなと思ってしまうので(僕はマドリーを過小評価し過ぎなのかもしれないけど)、そんなに解任を声高に叫ぶ気にもまだならないかなという感じです。そもそも後任候補いないし。グティは今ベジクタシュでしょ?フリーの監督って誰がいるっけ。コンテ?いやいやいやいやいや。ソラーリ昇格?いやいやいやいやいや。

後半途中に抜かれたロペテギの表情には現場と上層部の板挟みになって疲弊する中間管理職の哀愁を感じましたね。

 

マリアーノ

個人的には後半のカウンターの場面で右で持って、パスずれてチャンス潰したのが一番の失望でしたかね。あの辺りでああいうミスするようだとやっぱりそもそものクオリティとしてどうなのかなーと思ってしまう。あと簡単な落としでパスずれたりね。正直、厳しいけど。ただ後半頭から入ってすぐ、パス引き出して切り返しすぎな動きを見せたり、クロス放り込んだ時に競り合いのレベルにまで持っていけてるところには、少なくともベンゼマよりは可能性を感じた。

てか後半頭からマリアーノ出した時にはロペテギ決断早いやんけ!と思ったんですけど、どうやらベンゼマが違和感を訴えてたらしいですね。マドリードダービーでのベイルoutセバージョスinの時と同じだけど、うーんという感じ。まぁどのみち早い段階で入れてたとは思うけれども。

 

オドリオソラ

特に前半はミスが多かった気がしますね。まだまだフィットできていないと思う。まだちょっとふわふわ感と空回り感がある。しかし右サイドでちょっとずらしてあげるクロスの精度はやはり絶品だなと思います。

 

ヴィニシウス

意外と正対して縦に行けないんですよねー。まぁしょうがない。しかし、中に持ち込んで当たり前すぎる横パスでカットされるのは本当にやめてくれ。でも今はヴィニシウスぐらいにしか可能性感じないから、伸びしろとして辛抱強く使って欲しいな。今季はどうせ捨てるシーズンになるなら辛抱して出し続けて欲しいレベル。

 

セバージョス

繋げるよ、溜められるよ、ロストは少ないよ、でもファイナルサードとかエリア内で違いを出せるような選手じゃないよ。この辺はもう選手の適正だからね。前半にベイルがクロス上げて中がベンゼマとセバージョス2枚だった時に悲しみを感じたね。この辺は苦しい台所事情もあるから何とも言えないけれども。

 

クルトワ

出る出ないの判断が微妙なシーンが2回位はあったかなと思う。飛び出しが半端。アラベスだと即死にはならなかったけど、チャンピオンズリーグ出場レベルのクラブだとあんまり見逃してもらえないからね。その時にぶち叩かれるような気もします。

 

以上。マドリディスモなるものが試されている!!

 

(この項:了)